しかさんのお気に入り

HSPで吃音持ちです。HSPについて考えたことや、その他気になること、好きなことをご紹介しています。

FF12を13年越しでクリア!

こんにちは、しかさんです。

 

いきなりですが、ファイナル・ファンタジーの世界観が大好きです。

古代文明のロマンを感じる遺跡や緑豊かな森。。。

ムービー部分をつなげて映画とかにしてほしい。

いいですよねぇ、現実ではありえないようなあの衣装。

実写でしたらめちゃエロいだろうに、それを感じさせない美しさ。

 

 

とか語っておきながら、ちゃんとプレイしたのはFF12だけ笑

FF12RWはクリアしました、FF零式は途中やめ…なんか怖いんだもん笑)

 

 

しかも、2008年に中古PS2を購入してプレイ、ラストダンジョンがどうしてもクリアできずにそのまま放置、PS2も売ってしまいました。

ちなみになぜFF12を選んだかというと、ヒロインのFF10のユウナよりFF12のアーシェの方が露出が激しかったからです笑 あのサイドスリット入りマイクロミニスカートの威力!

あと、ヴィエラ族のフランのお尻にも惹かれましたね笑

 

 

そして2022年、どこか心残りだったので、今回はスイッチバージョンを購入!

FF12 ザ ゾディアック エイジ なる仕様変更がなされており、ジョブを2つ選べるようになっていました。

 

割とストーリーは覚えていたので、スマホ攻略サイトを見ながら進めていきます。

ほとんど2周目になるので、割と効率よく進めることができました。

 

レベルもしっかり上げて、前回挫折したラストダンジョン、「空中要塞バハムート」へ。

 

やっぱりボスにたどり着く前に、そのへんをうろうろしている雑魚キャラに殺されそうになります。。。

 

でもね、2周目だから冷静なんですよ。

よく見たら倒しても倒しても敵が寄ってきていて、キリがない雰囲気なんですよね。

試しにエスケープモードで次の出入り口まで走ってみます。

 

 

多分これが正解。

あの敵たち、基本的に倒さなくていいんですね。

その後あっさりラスボスのヴェインのところに着き、ヴェインと3回も戦い、一人も殺されないままにエンディングを迎えることに。

ラストダンジョン、短くない?

敵が湧いて出てくる場所以外、かなりあっさりなんだけど。

全員レベル51まで上げていったけど、ここまでしなくてよかったかなー

 

ま、エンディングの後の世界を堪能。。。

 

 

できないんですね笑

 

   

 

私、RPGポケモン(赤~パール)しかしていなかったので、取り敢えずクリアしてからやりこむのが普通だと思っていたのですが、そうじゃないんですね。だから皆さん何周もされているんですね。よくわかりました。

 

 

あー、ミゲロさんとかダラン爺のところに行って褒めてもらいたかったのに―

ヴェイン亡き後のアルケイディア行きたかったのにー

モブも半分くらいしか達成できてないよー

 

 

っていう思いが溢れます。

 

 

しかしここはスイッチ版F12。

 

エンディングの後にだけ選ぶことができる、「強くてニューゲーム」。

全員レベル90から始められます。

しかもスイッチ版は所持金も装備もアイテムも引き継げます!

 

戦略的にゲームができない私は初っ端から最強装備で準備万端ガンピット!

ジョブを選びなおせてライセンスポイントも引き継いでいるのでいきなり最強です笑

とりあえず最初のジョブは基本的にみんな赤魔導士にしてある程度の魔法が使えるように。2つ目のジョブで個性を出して、つまらないくらいに使い勝手良くしちゃいます。

 

 

めっちゃサクサク進む笑

 

 

初期に出てくるボス戦なんか、2打撃くらいで倒しちゃうから2秒で終わっちゃう。

とりあえず期間限定のイベント以外はどのくらい早くラストダンジョン手前まで行けるのかやってみようと思います。

(ちなみに1周目は50時間)

 

その後ゆっくり、死都ナプディスやモブ、召喚獣集めします!

 

 

 

しかさんの結婚式

すみません、2018年10月に行いました私の結婚式の記事の下書きを見つけましたので、自分の記録も兼ねてアップさせていただきます。。。

 

 

とある政令指定都市の主要駅と直結のホテルにて、

午前中に神前式、お昼から披露宴を行いました。

しかさん側の親族が全員県外在住のためです。

 

ちなみに神前式にしたのは、若干結婚に反対だった父親がバージンロードを一緒に歩いてくれるか考えるのが面倒になったからです笑

 

白無垢を着ても神前式本番まで、自分が花嫁であり、今日の主役だ!

っていう感覚はほとんど生まれませんでした。

 

 

神前式が始まり、会場へ入ってみると、沢山の来てくれた親族が。。。

 

見えない(笑)!

綿帽子に隠れて(笑)

 

かろうじて、最前列に座っていた両家の父親が見えたくらい。。。

 

 

式はすすみ、三々九度も白無垢で腕が上がりにくかったですがなんとかこなし。。。

(盃を口元に持って行くことすら危うかったです。。。)

 

玉串の奉納をして、指輪の交換もして、式は無事終了。

 

 

そのあとに、親族紹介です。

 

式場側から特に何も聞かされていなかったので、

前日に父親から、親族紹介について聞かれましたが

 

「きっと式場の人が名前呼んでくれるから、お辞儀だけしておいたらいいんじゃない?」

 

っと、しかさんは答えておりましたが。。。

 

どうやら、違ったようです笑

 

それそれの父親が紹介しないといけなかったらしく、

親族紹介が始まり

私が

「やべっ」

って思って、父親を見ると、

 

「おまえっ」

って顔した父親と目が合いました(笑)

何とかなりました。

 

和装衣装はかなり苦しいですね。

学生時代に部活でよく着物を着ていたので余裕かと思っていましたが、くらべものになりません。

重いしキツイ。

私のあとに和装を着た花嫁さんが着付け中に気分が悪くなったそうで、私の着付け担当の方も一人応援に行かれました。

 

   

 

さて、次はウェディングドレスで披露宴へ。

ドレスは着物より軽くていいですね!披露宴を和装でしていた友人たちを尊敬します。

 

 

ここからは友人たちも参加してくれているはずです。

入場してみると、みんなの笑顔が。。。

 

 

見えない(笑)

 

なんせ、スポットライトガンガンに当たってますから、

新郎新婦からはしばらく何も見えないのです。

 

でも、会場を歩きはじめて友人の一人の顔をしっかり見れた時には、

とっても嬉しかったです。

 

「スポットライトで見えないけど、ここのテーブルに友達がみんな来てくれてるんだな」

 

って思うと、胸が熱くなり、ここで一番涙腺が緩みました。

 

 

上司から挨拶いただき、乾杯。

それと同時に20階の会場のブラインドを一斉に開けられると、

早朝はポツポツ雨が降っていたのに見事な快晴となっており、とてもきれいでした。

天気のことを心配したくなかったので完全室内で行いましたが、うれしいおまけでした。

 

そこからは体感10分ほどでお色直し。

(いや、体感ですよ)

 

カラードレスに着替えて主人と合流したら、ズボンのチャック全開で爆笑しました。

(プランナーさんが気づいてくださいました)

 

で、再入場。

また体感10分で親への手紙。

(誰も泣かず笑)

 

ゲストのお見送り時に渡すプチギフトの必要性を私は疑問に思っておりましたので、

「握手」にしました笑

 

割と好評でしたよ!

 

 

 

無事に式を終えることができました。

本当に式場、プランナーさんにはなんの不満もありません。

いい思い出を作っていただいてありがとうございました。

 

 

ちなみに私がこだわった点は、

・美味しい料理

(これ一番大事)

 

・乾杯よりも前にゲストが前菜食べられる+ドリンクを注文できる

(乾杯まで待つのってお腹減りますよね。。。)

 

・テーブルのお花は高さがないものにする

(高さがあると、席によっては新郎新婦や映像が見にくいんです)

 

・必要以上にラブラブ感をださない

(いい年ですし。人によっては白けますよね)

 

・ブーケトスはしない

(20代後半でしたので、気になる友人もいると思ってしませんでした。式が終わってから6つ下の従妹にプレゼントすると大変喜んでくれました。)

 

・引き出物のケーキは引き出物専用品を避ける

(引き出物専門のケーキってどこの?って思ってしまいます。私たちはユーハイムのものをお渡ししました)

 

・最後のムービーは当日の映像を使用したもの。

(ゲストも自分が映るとなんか嬉しいですよね。親族のみの式の様子も見てもらいたかったのもあります)

 

・流行を取り入れすぎない、なるべくシンプルスタンダードに。

(会場や衣装等、10年後に見てもおかしく感じないように。※当時豪華な最先端の流行を取り入れた式をした叔母の写真が、今見たらちょっと。。。シンプルな式をした母の写真の方が違和感なかったので)

 

 

 

で、後日友人からいただいた言葉

 

・今までの式で一番料理美味しかった!

→ほぼすべての友人から言われました。数年たってからも言われたりします。

 

・引き出物のバームクーヘン、今までで一番おいしかった!

→やっぱりユーハイムさんのって美味しいですよね。

 

・衣装めっちゃ似合ってた!

→好みのドレスは試着で満足させて、似合う形・色・ヘアスタイルを選びました。「好き」と「似合う」は一緒とは限らない!似合うを選んだ方が、写真を見返したときに映えるのでオススメです。

 

 

辛口の親族も文句を言っていなかったようなので、いい式ができたと思っています。

 

 

ちょっとだけ後悔?しているのは、

 

ムービーの撮影です。

恥ずかしくて見返さないだろうと思い、撮影はエンドロール用しかお願いしていませんでした。確かに全体はいらないのですが、上司からの挨拶等もう一度聞きたかったなーって思います。

 

かろうじて、最後のお義父さんの挨拶(非常に好評だった、素敵な挨拶でした)は従妹がスマホで撮ってくれていたので大事に保存しています。

 

ちなみに前撮りはしませんでした。

予約していたのですが衣装の試着で満足してしまい、当時の私の部署が平日に休みを取りづらい雰囲気だったので面倒になってしまいました。後悔はありません。

個人的には作りこんだ「映え」よりも、当日の笑顔や緊張が伝わる写真の方が好きかなと考えたのもあります。

 

 

 

 

以上が数年前から下書きに放置されていた記事です。

 

今はコロナでフォトウェディングや親族のみの式が多数のようですからさほど参考にならないと思いますが、少しでもどなたかの結婚式に関するヒントがあればいいなと思います。

ありがとうございました。

 

 

 

コロナワクチン3回目接種

こんにちは、しかさんです。

 

4月22日(金)に、夫婦共にコロナワクチン3回目を接種してきました。

 

しかさんはワクチン接種が日本で始まった頃は「様子見派」でしたので、1回目の接種は2021年9月でした。

 

仕事中に職場で受けられるので、モデルナを1回目と2回目に打ちました。

 

症状としては、

 

1回目は

ダルさ(2日間)・左脇(ワクチン打った方)のリンパの腫れ(ゴルフボールずっと挟んでるみたいな痛み)(4日間)・鬱症状(1週間)

 

2回目は

ダルさ(2日間)・激しい頭痛(3日目のみ)・鬱症状(1週間)

 

って感じでした。

熱は出なかったです。ダルい時も計ったら平熱の範囲でした。

 

で、地味に辛かったのが「鬱症状」ですね。

私は2020年秋~半年程度鬱病にかかっており、休職もしていました。

その時に感じていた、重力を5倍くらいに感じるような、そんな体の重さと気分の落ち込みの症状がありました。

 

特に1回目の接種の後はまさか副反応だとは思いませんでしたので、鬱が再発したと思ってかなり絶望的な気持ちになったのを覚えています。

 

接種からちょうど1週間経った日、起床したら滅茶苦茶すがすがしい気持ちに戻っていて、体も軽くなっており、その時初めて「ワクチンの副反応だった!」と気づきました。

鬱病って普通はここまで分かりやすく回復しないですからね。

 

で、2回目接種後も案の定キッカリ1週間だけ鬱症状。

副反応だと分かっていても、どうしても気持ちが落ち込みますのでかなりしんどいです。

っていうか副反応じゃなかったらまた休職に入ってもいいくらいの体調でした。

 

   

 

で、今回の3回目の接種です。

 

夫の接種日が先に決まりましたので、あえて私もその日に接種しました笑

一緒にダウンして寝ようぜ、って感じです。

1週間ずらしたりしたら、一緒に出掛けられる土日が2回も潰れちゃいますからね!!!

 

で、3回目接種の結果はこちら。

 

私 → ダルいonly

夫 → 38℃の発熱1.5日

 

 

私は3回連続でモデルナを接種、

夫は1回、2回目がファイザー、3回目がモデルナでした。

 

世間では一番免疫をゲットできると言われている「2ファイザー1モデルナ」の代償でしょうか?

主人はもう4回目打ちたくない、と何度も申しております。。。

 

 

 

そういえば、ワクチンに対する考え方で疎遠になってしまった方が二人います。

 

 

一人はお世話になっていた鍼灸師さん。

中年の男性で、鍼をうってもらうと骨のように硬い私の肩がどんどんほぐれていくので、大変ありがたい存在でした。

基本的にインフルエンザ等のワクチンも打たない主義だそうで、コロナワクチンも未接種です。

私は決してワクチン推進派ではないですし、大なり小なり不安をもってワクチン接種を決めたのに、接種したと言ったら

「え?不妊になるのに?一回打っちゃったんじゃもう手遅れだろうなぁ~そんな怖いものよく打ったね」

と言われ、人様の決断に水を差すような方に施術料払いたくない、と思ってそこから行っていません。

一度連絡が来ましたが(お元気ですか的な様子伺い)、無難にお返事してそのままです。

 

 

もう一人は個人で経営されているリラクゼーションの中年女性。

夫婦共にお世話になっている、とてもリラクゼーションが上手な女性です。

この方も反ワクチンでして、施術中ずっとワクチンの副反応の話。

「こんな副反応がでるワクチン、よく皆何も考えずに打てるわね。少し考えたら恐ろしい薬だということが分かるのに、、」

みたいな内容。

全然リラックスできないので行かなくなりました。

ちなみにこの前施術してもらった主人によれば、まだ話してくるそうです。

 

 

ワクチン打つのが楽しみな人なんてほぼいないだろうし、それぞれいろんなことを考慮して打つか打たないか決断してると思うんです。

他人がワクチンを打つ、打たないは正直興味ないのですが、自分の考えを伝える、でなく押し付けてくるように話すのはいかがかなものかと思います。

 

 

早くコロナのお薬を気軽に処方、服用できる世界になって欲しいなー

大宴会でドンちゃん騒ぎしたいです(笑)

 

 

 

 

都会に染まってしまったと思っていた親友との再会

こんにちは、しかさんです。

 

 

先週末、5年ぶりに親友の一人に会って来ました。

少し思うことがあったので。

 

高校の時に出会った友人で、育った環境が転勤族の私と重なる部分があるからか、仲良くなりました。

かなりグローバルな転勤をされるご家庭だったので、国内のみの転勤だった私と

「似てるね」

なんて口が裂けても言えませんでしたが、

「生まれた時からずっと地元」

な人とは私たちは明らかに価値観が違うようでしたので、意見がよく合う友人でした。

 

 

私には親友と言える友人が3人います。

といっても私が勝手に親友だと思っているだけで、向こうはどう思っているのか分かりませんが(笑)

 

 

一人目は中学生の時に出会った友人。

「生まれた時からずっと地元」系の、めちゃくちゃ真面目な友人です。私と価値観が真逆なのですが、中学~大学受験まで学力が近かったので進路や勉強方法等の共通の話題もあり、価値観の違いを楽しめる友人となりました。

30代となった今でもよく連絡をとっています。

 

 

二人目は冒頭で紹介した高校で出会った友人。

大きな意味で価値観が共通するものがあり、グローバルな環境で育ったので私より視野が広く、話していて飽きない友人です。逆にグローバルすぎて突飛な行動をするときがあるので、軽く指摘すると「純Japaneseはしないのか・・・」と行動を見直す姿が可愛いです。

 

 

三人目は職場で出会った友人です。

「生まれた時からずっと地元」ですが、その地元を離れて就職して出会いました。私と同じ「一人っ子」なので大変気が合います。また、他人に対して全く悪意を出してこないので安心して接することができます。職場が同じなので、現在最もよく会う友人です。

 

 

三人ともそれぞれ、社会人になってから一緒に旅行に行ったりもしました。

三者三様、私にとってなくてはならない存在です。

 

 

今回は5年ぶりに会った高校からの親友の話です。

 

この友人について少し気になっていたのが、SNSの内容です。

社会人になってからの彼女の投稿が、絵にかいたような「映え」「キラキラ系女子」

になっていたので、「もう私とは話し合わないのかもな」と思っていました。

写真も加工していて、元々美人だったのですが、芸能人顔負けのオーラになっていたので正直引き気味でした(笑)

 

4年前に私の結婚式に招待しましたが、彼女が東京から欧州勤務になっていたので断念。

しばらく会えないでいました。

 

その友人が1年前に結婚、最近出産して地元に帰っているとのことなので、恐る恐る?会いに行ってみました。。。

   

 

結果、

 

全然変わってなかったです(笑)

 

どうやら高校卒業後は見栄っ張りな人との出会いばかりだったようで、「リア充感」を出して武装していたようです。

就職してからは学歴や年収に重点をおいた男性選びをしていたように感じていましたが、結婚した旦那さんはとても人懐っこい、したいことを仕事にしているとても魅力的な方でした。

いつの間にか出産してからは、SNSの写真加工もしなくなっていました。

 

とても素敵な方とご縁があったようで、友人自身もとても充実しているようでした。

 

 

良かった~!

 

 

っていうかあの「キラキラ・リア充系女子」って、実際はどうなんでしょうか?

東京にいる私の親戚もその状態なのですが、本音で話せる友人は一人もいないそうです。っていうか気を許した直後に何かしら騙されるそうです。

常にマウント取り合ってるそうです。

とりあえず皆ブルベ(ブルーベースで、

とりあえず色素薄い系になるためにブリーチして、

あえて謙遜するコメントともにバリバリ加工の写真をアップするそうです。

豪華なディナーSNSにアップするため、お金・体型維持的に他の日はそうめんで、

動物に好かれる系になる為にペットを飼って、

ナイトプールに行って顔を濡らさぬまま帰るそうです。

 

 

いや、なんかディスってしましましたが・・・(笑)

みんな等身大で十分魅力的だと思うんですよね。

本当にアイドルの芸能活動等でビジネス的に必要なのはいいと思います。

そこまでのイメージ作りも込みで仕事だと思います。

 

でも、作りこんだ虚像よりそのままのリアルの方が誰にも真似できないオリジナリティがあって魅力的で、興味がわくと私は思います。

 

実際にキラキラ女子時代の友人より、今の友人の方が「また会いたい!」って思いました。

 

 

 

リアルな自分を認めてくれる人とだけ友人になればいいと思う。

キラキラな写真にしか「いいね」しない人なんて人生の中で一切かかわらなくても問題ない人ばっかだよ。

 

 

そんなことを思った、友人との再開でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(4コマ)私を試している?

 

こんにちは、しかさんです。

 

先日誕生日だったのですが、主人が贈ってくれるプレゼントでちょっぴり印象に残っているエピソードがあったのでまたまた、いらすとやさんで4コマ(実際は5コマ)を作成しました。

 

 

 

 

 

 

f:id:sicasan:20220404151718j:plain

 

 

f:id:sicasan:20220404151722j:plain

 

 

f:id:sicasan:20220404151729j:plain

 

 

f:id:sicasan:20220404151734j:plain

 

 

f:id:sicasan:20220404151741j:plain

 

   

 

 

夫は「釣った魚にしかエサをやらないタイプ」です。

結婚前はあまりプレゼントにお金はかけず、ディナーメインだったのですが、結婚してからはプレゼントの価格が上がり、それまでスルーされていたクリスマスやホワイトデーもくれるようになりました。

 

っていうか結婚後のほうが金銭的に余裕ができたのかな?

おそらくプレゼントに向けて事前にお金を用意したりしないけど、

手元に余裕があれば惜しみなくプレゼントしてくれるようです。

なので年によって金額に差があります。

(べつにいいけど、こちらがプレゼントする時の参考にならないです。)